Plesk12でQmail 

Plesk12 のSMTP servers は、Postfix Qmail を簡単に切り替えられます。

Postfixの方が、新しいし、処理能力が高い、負荷も軽い等、評価が高いような気がしますが、実際はどうなんでしょうか?
Plesk 利用中のサーバーでは、以前から Qmail を使用していて安定してるので継続利用中です。

某法人が利用中のサーバーですが、通数だけ、ざっくり言うと、受信メール2500通位/日、そのうちスパムが3割位、送信メールが1200通位/日 かな・・・
null
Postfix に変更するといきなりメモリ使用率が上がりました。Qmail に変更すると元に戻りました。
該当サーバーでは、メモリは余裕がある状態です。有意な差とみるべきなのか・・・どうなんでしょうか?

CentOS6とCentOS7 コマンドの記述

CentOS6とCentOS7

CentOS7へ移行していこうと思いますが、結構変わりました。とりあえず、起動はかなり早くなりました。
(あまり再起動することはありませんが)悪くない変更です。

コマンドの記述が大きく変わりました。
(例)httpdサービススタート時の表記は以下のような違いがあります。
CentOS6 # service httpd start 又は、# /etc/init.d/httpd start
CentOS7 # systemctl start httpd.service

CentOS7では、# /etc/init.d/httpd start は使えなくなりました。

ヤマハ RT58i の後継 ブロードバンドVoIPルーター『NVR500』 ギガアクセスVPNルーター 『RTX810』

RT58i の後継です。

VPN機能 PPTP NVR500
VPN機能 IPSec RTX810

両方とも評価高いです。
ヤマハ ブロードバンドVoIPルーター NVR500
ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX810

RT58iによるVPN

ヤマハ ルーター RT58iNVR500等で、(LAN間接続)VPNを、合計で100拠点以上で構築していますが、非常に安定しています。
IPSecにこだわりがなく、4拠点までならば、お薦めです。

RT58iの設定は、USBからのインポートで変更できるので、複数のVPN環境に参加するような場合に便利です。

ファイルサーバーを共有する場合は、TeraStation シリーズなどが適当だと思います。
アクセスするときは、マイ コンピュータ(ブラウザでも可能)アドレス欄に、以下を入力します。
(例) \\192.168.100.100\share
その他、マイ ネットワーク以下から確認することも可能です。

ファイルのコピーや移動の利用であれば、FTPによるファイル転送がお薦めです。
FTPは、マイ コンピュータ、ブラウザからでも可能です。
(例) ftp://192.168.100.100/array1/share/

PdaNet

「PdaNet」とは、iPhone 3GSでテザリングをするためのソフトです。
無線(Wi-Fi)を利用する場合は、PC側の無線(Wi-Fi)設定は、アドホック(ad hoc)にします。
又、PC、iPhoneの両方で、PdaNetのインストール、起動が必要です。

iPhone側のPdaNetの設定で、WiFi接続、USB接続のいずれかを選択できます。
PdaNet設定画面

無線(Wi-Fi)接続時PC
PdaNet Wi-Fi

USB接続時PC
PdaNet USB

利用時の課金については、PCのモデムとしての利用についてはパケット定額フルの対象外という規定があるようですので、その点で言うと、USB接続だと課金される可能性はあるような気がします。
WiFi接続時は課金されないというのが原則のような気がしますが、実際は分かりません。
個人的にあまり使用する機会がないので検証はしていません。

ちなみに、WiFi接続後は、iPhone・PCの両方でPdaNetを終了させても、接続は維持されます。

TeraStation PRO RAID設定

TeraStation PROの詳細はこちらから

BuffaloTeraStation PRO
TS-H1.0TGL/R5 1.0TB
TS-H1.6TGL/R5 1.6TB
TS-H2.0TGL/R5 2.0TB
TS-H3.0TGL/R5 3.0TB
TS-H4.0TGL/R5 4.0TB

初期設定
***************
ユーザー名 admin
パスワード password
***************
RAID5モード
***************

ハードディスクの使用モードを変更
RAID構築には数時間(例:TS-H1.0TGL/R5で約6時間)かかります。(その間はファイル転送速度が低下)
RAID10
(通常モードで使用する)[RAIDアレイの削除] – [ディスク管理]-[RAID設定]
①RAIDモードから[RAID10]を選択します。
②RAID1で使用するハードディスク(4つ全て)をクリックします。
③[RAIDアレイの設定]をクリックします。

RAID1
(通常モードで使用する)[RAIDアレイの削除] – [ディスク管理]-[RAID設定]
①[RAID1]をクリックします。
②RAID1で使用するハードディスク(ディスク1とディスク2、もしくはディスク3とディスク4)をクリックします。
③[RAIDアレイの設定]をクリックします。

Yamaha RT58iの初期化

Yamaha ブロードバンドVoIPルータ RT58iの詳細はこちらから

RT58iの初期化(工場出荷時にリセット)
********************************************************************
電源を入れる。
背面のINITボタンを押しながら,RESETボタンを押す。
INITボタンは押したまま,RESETボタンのみを離す。
INITボタンを離す。
********************************************************************
各ランプが点灯・点滅し、ルータが再起動して、初期化完了します。(工場出荷時にリセット)
(RT57iも同様です)

初期化するとRT58iのIPアドレスは、192.168.100.1 になります。
webブラウザで、http://192.168.100.1 (←RT58iのIPアドレス)で管理画面に接続できます。