Plesk12でQmail 

Plesk12 のSMTP servers は、Postfix Qmail を簡単に切り替えられます。

Postfixの方が、新しいし、処理能力が高い、負荷も軽い等、評価が高いような気がしますが、実際はどうなんでしょうか?
Plesk 利用中のサーバーでは、以前から Qmail を使用していて安定してるので継続利用中です。

某法人が利用中のサーバーですが、通数だけ、ざっくり言うと、受信メール2500通位/日、そのうちスパムが3割位、送信メールが1200通位/日 かな・・・
null
Postfix に変更するといきなりメモリ使用率が上がりました。Qmail に変更すると元に戻りました。
該当サーバーでは、メモリは余裕がある状態です。有意な差とみるべきなのか・・・どうなんでしょうか?

CentOS6とCentOS7 コマンドの記述

CentOS6とCentOS7

CentOS7へ移行していこうと思いますが、結構変わりました。とりあえず、起動はかなり早くなりました。
(あまり再起動することはありませんが)悪くない変更です。

コマンドの記述が大きく変わりました。
(例)httpdサービススタート時の表記は以下のような違いがあります。
CentOS6 # service httpd start 又は、# /etc/init.d/httpd start
CentOS7 # systemctl start httpd.service

CentOS7では、# /etc/init.d/httpd start は使えなくなりました。

ヤマハ RT58i の後継 ブロードバンドVoIPルーター『NVR500』 ギガアクセスVPNルーター 『RTX810』

RT58i の後継です。

VPN機能 PPTP NVR500
VPN機能 IPSec RTX810

両方とも評価高いです。
ヤマハ ブロードバンドVoIPルーター NVR500
ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX810

webminのアクセス制限の解除

webminのIPアドレスによるアクセス制限の解除

(/var/webmin/等にある) miniserv.conf の下記記述を修正後、webmin再起動「/etc/init.d/webmin restart」

●アクセス制限時
———————–
alwaysresolve=0
allow=123.456.789.012(IPアドレス)
———————–

●アクセス制限なし
———————–
alwaysresolve=
———————–

PleskでRFC2821の仕様に準拠していないメールアドレスへの転送

Pleskでは、RFC2821の仕様に準拠していないメールアドレスは、コントロールパネルからは設定ができません。

RFCの仕様に準拠していないメールアドレスへの転送を設定したいときには、設定ファイルを直接編集することで可能になります。
—————————————————————————–
該当サーバーの以下のファイルを編集する。
/var/qmail/mailnames/ドメイン名/メールアカウント名/.qmail
上記ファイル内の、./Maildir/ 以下に下記を追加する。
&.test.@xxxxxx.com 又は、&test.@xxxxxx.com
—————————————————————————–

その後、転送されるかどうかご確認下さい。

Pleskから転送設定を見たときは、転送先メールアドレスは、上手く表示されない、又は全く表示されない場合があります。
又、Pleskコントロールパネルから管理ができなくなりますので、追加登録したことを忘れないようにして下さい。

PleskのSPAM フィルタ機能(SpamAssassin)

 スパムメール対策に関する機能については、メールアドレス毎に各種設定することが可能です。
 スパムメールと判断されたメールには、件名に、「****SPAM****」が付加されます。
 メッセージを SPAM として判断するスコア値 については、初期設定は、7.0です。
 メール1通毎にスパム値を判断して、メールのヘッダに書き込まれますので、メール毎のスパム値を確認することは可能です。数値が大きいとスパムメールの可能性が高いことになります。
 SPAM の判定を厳しくしたい場合は、数値を減らすと(例 6.5、6.0等 )減らすことで可能です。逆に数値を増やすと(例 7.5 )、SPAM の判断を緩和します。
 サーバーに受信した際 SPAM値が設定を超えているメールを削除する設定も可能です。
特定のドメインや送信者からのE-mailを受信したくない場合は、[ブラックリスト]タブをクリックしてスパムフィルタのブラックリストにそれぞれの項目を追加します。
特定の送信者からのE-mailを確実に受信するには、[ホワイトリスト]タブをクリックしてスパムフィルタのホワイトリストにそのE-mailアドレスまたは完全なドメイン名をを追加します。